借金の返済ができなくなったときは弁護士に債務整理の相談

借金が返済できなくなってしまうと、生活が破綻してしまうことになります。
返済するためのお金は、通常では生活費以外から返済することになります。

返済の金額が大きくなってしまい、返済することができないと生活費を削ることになります。
そうなると、食費が払えなくなってしまったり、家賃が払えなくなってしまいます。

そうなると通常の生活を送ることができなくなりますので、返済することができるようにしましょう。

しかし、どうしても返済することができなくなってしまう状況もあります。返済することができないと判断したときは、まずは債務整理を検討しましょう。
債務整理では、正式な手続きによって借金を減らしたりなくしたりすることができます。

債務整理には色々な種類があり、借金をなくすことができる自己破産や、債権者と交渉することによって借金を減らす任意整理などがあります。

その他にも、監視裁判所の調停員が債権者と債務者の間に入って行う特定調停、自営業者やサラリーマンのように収入を得ることができる方が利用する民事再生があります。民事再生は、残っている借金を少なくしてもらい、その残りを3年ほどで返済する債務整理です。この債務整理の中でも、任意整理は裁判所を通して行うものではなく、自身で行う債務整理です。

ですので、自分自身で交渉しようと思っても債権者に話すら聞いてもらえないことがあります。このようなときは、弁護士に相談することで代理人になってもらうことができます。弁護士に相談するメリットはとても多く、まずは本当に返済することができないのかどうかのアドバイスをしてくれます。返済することができないとなったときは、代理人として債務整理を任せることができます。煩雑な手続きになる自己破産なども、自身に代わって裁判所に書類などの提出してくれます。弁護士の中には、初回の相談が無料で行っているところもありますし、料金も分割にしてくれるところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>