債務整理と弁護士への借金返済相談について

債務整理とは法律に基づいて借金を整理することで、多重債務者を救済するための制度です。多重債務者とは複数の貸金業者などから借金した人のことを意味し、複数の貸金業者などから借金していることを多重債務といいます。多重債務者の多くは返済の目処が立たないことが多く、債権整理には大きく分けると、過払い金返還請求、任意整理、自己破産、個人再生の4つに分けられます。債務整理をする場合は、状況に応じて最も適した方法を選択することが大切なポイントといえます。
任意整理などの債務整理は専門的な法律に関する知識などが要求されるため、債権整理を行うことを考えている場合は弁護士などに今後のことを相談するといいといえます。また、多重債務の債務整理については定期的に無料相談が行われていますので、早めの行動が大切といえます。
例えば、債務整理のうち、裁判所を通さずに借金を減額する手続き交渉のことを任意整理といいます。任意整理をする場合には、安定した収入があることが条件となりますが、貸金業法改正前の高い上限金利で返済をしていた場合には、計算し直して大きく元金が減ったり払いすぎた利子が過払金として戻ってくる可能性があります。
過払金とは本来貸金業者に支払う必要がないのに支払い過ぎてしまったお金のことで、過払い金返還の手続きをすることを過払い金返還請求といいます。任意整理は他の方法に比べると短所が比較的少なく長所が多い方法といえ、借入金の整理の中では最も多く行われている方法です。自己破産と異なり、官報に名前が載ることがなく、第三者に知られるということもありません。多額の債務を抱えている人が、任意整理を行うことで容易に返済することが出来る借り入れ額にすることができ、自宅なども守ることができます。ます。
任意整理では債務整理を行う債務者と債権者の間に弁護士などが入り、債権者と直接的なやり取りを行ってもらえますので、債権者と直接交渉する必要がありません。したがって、債権者にとって心理的負担の少ない方法ともいえます。債務整理を考えている場合には早めに弁護士に相談することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>