債務整理後の銀行融資について

決算が赤字の会社への融資を、銀行は簡単にはしてくれません。
貸し倒れなどのリスクを避けようとするからです。

ですが、赤字だからこそ資金が、そして融資が必要となるのは誰がみても明らかです。
赤字の会社が銀行融資を受けられるようにするには、どうすればいいのでしょうか。

まず、赤字が貸倒損失や退職金の支払いなどに起因した一過性のものの場合は、それを銀行に訴えましょう。一過性の赤字であり、長期的には黒字へ転換することを合理的に説明出来れば、銀行から融資を引き出すのはそれほど難しくはありません。

銀行員が指標の一つとしている金融庁の検査マニュアルでも、一過性の赤字は正常先とみなしても差し支えないとされています。

経営的な赤字の場合は「経営改善計画書」を作成して、現在の赤字状態を今後どのように経営改善していくか、具体的に数値化して銀行に説明する必要があります。

融資を申し込んだ際に、「経営改善計画書」の提出を求められるということは、銀行が融資先に対してつけている信用格付け(ランクのようなもの)が低下していることを意味していますから、綿密な経営改善計画書を作って融資の交渉にあたりましょう。

仮に、銀行から経営改善計画書を求められていなくても、赤字経営体質の会社ならば先手を打って計画書の提出をし、積極的に改善策を示すようにすると(つまりやる気をみせる)より有利に融資を引き出せる可能性が高まります。

また、銀行融資を受ける際に一番重要なのは、意味のない負債をたくさん抱えないことです。

例えば、消費者金融などの借入れを何社にも渡ってされている場合は、要注意です。

出来ることならそのような負債は融資の相談をする前にきれいに返済してしまったほうがよいのですが、どうしてもすぐに返済が出来ないという場合は、多重債務者のように見られないためにも、銀行のおまとめローンなどを利用して一本化しておくことが基本です。

債務整理のポイント
多重債務に陥ってしまうと利息が利息を生んで中々完済出来なくなってしまいます。 そんな自力では解決できない借金を ・・・[続きを読む]
借金が返済できなくなってしまうと、生活が破綻してしまうことになります。 返済するためのお金は、通常では生活費以 ・・・[続きを読む]
連帯保証人になったら借主が返済出来なくなった、複数社から借金を繰り返したなどで多額の借金を抱えても、債務整理で ・・・[続きを読む]
債務整理とは法律に基づいて借金を整理することで、多重債務者を救済するための制度です。多重債務者とは複数の貸金業 ・・・[続きを読む]
借金の毎月の返済に苦労している人にお勧めの方法は、やはり、弁護士への相談になってくると思います。 自分一人で抱 ・・・[続きを読む]
「借金がもう返せない」「稼いでも返済に追われて生活どころではない!」「このままでは生きていけない」。 このよう ・・・[続きを読む]
借金返済に困った人物の解決策が、債務整理です。 債務整理とは、その名の通り債務を整理することで、借金を無くした ・・・[続きを読む]
とても自力では借金の返済が出来なくなったときには、債務整理の手続きを進めると今より経済的にも精神的にも楽になり ・・・[続きを読む]
借金の相談を一般の人にしても、これはという解決方法は見つけにくいものです。 借金に困っていたら借金問題を数多く ・・・[続きを読む]